大学で学んだことを生かす|宅建の資格を確実に取得するために通信講座を受けよう

大学で学んだことを生かす

メンズ

専門家になる

大学で身につけた幅広い知識や教養を生かして、国家資格者の言語聴覚士を目指すことができます。言語聴覚士とは言語の障害や嚥下障害などがある人の機能回復訓練のサポートを行う仕事です。高齢化社会の到来で言語聴覚士のニーズが増えていますが、人材が不足していて医療や福祉だけでなく教育施設などでも活躍しています。そして言語聴覚士になるには4年制大学を卒業して、専門の学校で学び資格試験に合格する必要があります。言語聴覚士の専門学校では基礎的な医学から、言語学や心理学や音声など広範囲な専門科目を学んでいきます。また実践的な授業を行って即戦力として通用する人材を養成していきます。そして高いコミュニケーション能力を身につけて、患者のよきパートナーとしての専門家を目指しています。

チームワークを養う

言語聴覚士の専門学校では言葉の問題で悩んでいる人との交流や、ボランティア活動などを通じて実践的な力を養成していきます。またグループを組んでの授業や討論や話し合いを行って、人前でも緊張しないようになっていきます。言語聴覚士の専門学校では患者との会合を生徒が主催したり、進めていくことで大事なチームワークを養っていきます。チームワークが身につくと現場に入ってからも、医師や福祉関係の人とチームで仕事してもスムーズに進めることができます。言語聴覚士の専門学校の生徒は、女性が比率が高いのですが男性も増えてきています。また社会人経験者も多く30代から40代の生徒も在籍しています。言語聴覚士の専門学校では興味のある人は資料請求すれば送付してくれます。