幼稚園の先生になるには|宅建の資格を確実に取得するために通信講座を受けよう

幼稚園の先生になるには

女性と子供

幼稚園の仕事と適正

幼稚園教育の基本は、教育基本法に「幼児期の教育は、生涯にわたる人格形成の基礎を培う重要なものである」と規定されています。幼稚園教諭は、「健康、人間関係、環境、言葉、表現」の領域について、指導計画を立案・作成し教育を進めていきます。幼稚園教諭は、園児に幼稚園生活の中で多様な体験をさせ心身の調和のとれた発達を促します。これらの重要な教育を幼稚園児にするための手立てを大学などで専門に学び幼稚園教諭に必要な免許状を大学などで取得し、幼稚園教諭として職に就きます。大学などで、免許状を取得するための履修項目の中に実際の幼稚園で行う教育実習があります。大学などで専門知識を習得し、本来の教育現場である幼稚園での教育実習を通して自己の適性を見極めます。

幼稚園の先生に必要な免許

幼稚園教諭として幼稚園で働くためには、幼稚園教諭の免許状が取得できる大学などの教育機関で教育課程を履修し、国家資格である幼稚園教諭の免許状の取得が必要です。高校卒業後、大学院、大学、短期大学などの幼稚園教諭養成課程を修了することで、第一種免許状、第二種免許状など履修課程に合わせた免許状が取得できます。幼稚園での仕事の内容は、免許状の種類によって変わることはありませんが、実際に採用され働くことになる幼稚園での給料などの待遇に差がでてくることがあります。公立の幼稚園での就職が希望であれば、各市町村で行う採用試験に、私立の幼稚園での就職が希望であれば、その幼稚園が行う採用試験に合格し採用されれば幼稚園の教諭になることができます。